【日本ハム】清宮、新元号1号狙う「タイミングが合えば」

野球報道写真展で展示されている、自らのプロ初本塁打の写真パネルにサインを入れ笑顔を見せる清宮(カメラ・泉 貫太)
野球報道写真展で展示されている、自らのプロ初本塁打の写真パネルにサインを入れ笑顔を見せる清宮(カメラ・泉 貫太)

 日本ハムの清宮幸太郎内野手(19)が15日、東京D内の野球殿堂博物館で開催される「野球報道写真展2018」のオープニング見学会に参加した。5月9日のオリックス戦(京セラD)でプロ1号を放った写真が展示作品に選出。今季を「あまり記憶に残るプレーができていない。(来年は)もっと多くこの写真の中に入れれば」と振り返ると、来年5月1日の改元後の新元号1号にも「タイミングが合えば」と意欲を見せた。

 プロ1号については「なかなかいい当たりが出ていなかったので、前日に相手投手の対策をして過ごした。初球の甘い球を捉えられたかな」と回想した。展示作品には、今夏の甲子園で準Vに輝いたドラフト1位・吉田輝星投手(17)=金足農=の1枚も選出。「格好いいですね」と右腕の印象を語ると、「周りは気になると思いますが、自分らしくやってくれれば」とエールを送った。(小島 和之)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請