オダギリジョー、劇中歌提供の主演映画「宵闇真珠」初日あいさつ 客席の熱気に「脱ぎたくなるくらい」

「宵闇真珠」の初日舞台あいさつを行ったオダギリジョー
「宵闇真珠」の初日舞台あいさつを行ったオダギリジョー

 俳優のオダギリギョーが15日、東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムで出演映画「宵闇(よいやみ)真珠」(クリストファー・ドイル、ジェニー・シュン共同監督)の初日舞台あいさつを行った。

 オダギリは世界的に知られるクリストファー監督から出演依頼が届いた際、「偉大な方からオファーをいただき、うれしかったし、驚きました」と話す。撮影中のエピソードとして「テスト(リハーサル)もしないし、特に事前の説明もない。1度カメラを回してみて『何が起きるか、みてみようと』と。撮りながらつくっていく人」と振り返る。

 今作にはオダギリによる楽曲が劇中曲として使用。この催し中にも独特の音楽が流されると「恥ずかしい」と照れくさそう。「クリストファーと飲みに行き、互いに『いま何やってるの?』という話になり『曲つくってるよ』というと、『(映画に)使いたい』と。特別ないきさつなない」と苦笑い。

 香港などで体験した柔軟な撮影現場は、とても有意義だった様子で「最初から決まっているものは何もない」ことを学んだという。約100席の狭い空間は満員で熱気ムンムン。観客と至近距離での舞台あいさつに「熱いですね。脱ぎたくなるくらい」と話す盛況ぶり。

 映画は、日光を浴びられない病気を抱えた少女(アンジェラ・ユン)と、異邦人の男(オダギリジョー)との出会いから始まって展開。香港の巨匠ウォン・カーウァイ作品のカメラマンとして有名なクリストファー氏がジェーン氏と共同監督を務めた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請