ヘイセイ山田涼介、主演ホラー映画で芳根京子と初共演…20年公開「記憶屋」

映画「記憶屋」に主演する山田涼介(右)と、共演する芳根京子
映画「記憶屋」に主演する山田涼介(右)と、共演する芳根京子

 Hey!Say!JUMPの山田涼介(25)が、第22回日本ホラー小説大賞読者賞(15年)を受賞した織守きょうや氏の同名小説が原作の映画「記憶屋」(20年公開、平川雄一朗監督)に主演することが14日、発表された。「鋼の錬金術師」(17年)以来の映画主演。ヒロインは初共演となる芳根京子(21)が務める。

 山田が演じる主人公は、愛する人が自分の記憶だけを失った事実に戸惑いながら、芳根演じる幼なじみらと真実を追求していく。「角川ホラー文庫の小説が原作ですが“怖さ”ではなく『切なさ』『人を思う気持ち』が交じり合う普遍的な世界が描かれている。愛に切なさに優しさに寄り添っていただけると思う」。今月から来年1月下旬まで撮影を行う。

 記憶を失う主人公の元恋人役は、山田が「鋼―」で、芳根がNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」で共演した蓮佛美沙子(27)が演じる。また山田と芳根は、ともに広島出身という設定で、全編広島弁でのセリフに挑戦する。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請