長嶋茂雄氏の母校・佐倉、21世紀枠落選

センバツ高校野球21世紀枠の地区別候補校
センバツ高校野球21世紀枠の地区別候補校

 日本高野連は14日、来春の第91回センバツ高校野球大会(来年3月23日から12日間・甲子園)に出場する21世紀枠の各地区候補9校を発表した。関東地区は石岡一(茨城)が選ばれ、巨人・長嶋茂雄終身名誉監督(82)の母校・佐倉(千葉)は選外に。悲願の甲子園初出場のチャンスを逃した。東、西日本各1校と地域を限定しない1校を加えた計3校が、一般選考とともに来年1月25日の選考委員会で決まる。

 悲願の甲子園出場は、またしてもお預けとなった。21世紀枠の関東地区候補校に入れなかった佐倉・和田宗矩(むねのり)主将(2年)は「覚悟はしてました。県の推薦校になること自体が光栄なこと」と落ち込む様子はなかった。

 佐倉は県内有数の進学校。1896年創部という県NO1の歴史を持つ伝統校だ。ミスターの母校(当時の校名は佐倉一)としても知られるが、春夏通じて甲子園出場はない。大のミスター党でもある堀内幹仁監督(60)の意向で、練習着などに「3」を縫いつけるナインは今秋、我孫子、千葉経大付といった甲子園経験校を撃破。県大会で16強入りを果たした。

 病気療養中の大先輩に朗報を届けることはできなかったが、次の目標は決まっている。和田は「自分たちが活躍することで、長嶋さんに元気になってもらいたい。甲子園に出て、長嶋さんに応援に来ていただきたいです」。平成の大エースと“同姓同名”のエース左腕・斎藤正貴(2年)とともに、来夏の甲子園出場を誓った。(片岡 泰彦)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請