【中日】落合元監督が遊撃・根尾を評価「入ったころの立浪より上」

 中日で監督、GMを務めた落合博満氏(65)が14日、CBCラジオの「ドラ魂KING」に生出演し、ドラフト1位ルーキーの根尾昂内野手(18)=大阪桐蔭高=の起用法について私案を披露した。

 落合氏はかねてから根尾の中堅起用を公の場で語ってきた。「外野というのはセンター中心に守らないといけない。人のボールでも捕りにいくぐらいの脚力がないと。年々、大島は落ちてきているんで、それを補うには現状では根尾が一番いいかな」と外野の中心に据えるメリットを説いた。

 一方で落合氏は遊撃手としての潜在能力についても、高く評価。1988年にPL学園高から加入1年目で新人王に輝いた立浪和義氏(49)とチームメートだっただけに「打つことに関しては分からないけど、守りに関しては入ったころの立浪より上。あの肩は立浪になかった」とミスター・ドラゴンズと比較した。また「でも、ピッチャーも見てみたいね」と二刀流にも期待を寄せていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請