来年大河「いだてん」、異例の注釈「史実を基にしたフィクション」

笑顔で”いだてん“のポーズをする中村勘九郎(左)と阿部サダヲ
笑顔で”いだてん“のポーズをする中村勘九郎(左)と阿部サダヲ

 来年のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(1月6日スタート、日曜・後8時)の初回試写会が14日、東京・渋谷の同局で行われた。番組の終わりに「このドラマは史実を基にしたフィクションです」とした大河では異例の注釈テロップが記されることが明らかになった。

 試写会後に取材に応じた制作統括・訓覇(くるべ)圭氏は、この注釈について「ドラマであり、もともとフィクションなので、別段表示しなくてもいい。ただ意外に事実が多く、事実とは何かを考える機会にもなる。事実の大切さとフィクションの楽しさを両方持っているという自分の思いも込めた」と説明した。本作では、当時の事実関係を調査するのに相当な時間を割いているといい、知られざる「事実」が多く描かれていることを強調した。

 「いだてん」は、東京高等師範学校の嘉納治五郎校長のもとに五輪の招待状が届いた1909年から、64年の東京五輪開催までの激動の55年間を描く。12年のストックホルム大会で日本人として初めて五輪のマラソンに出場した金栗四三役の中村勘九郎(37)と、東京にオリンピックを招致するために尽力した日本水泳連盟会長・田畑政治役の阿部サダヲ(48)がダブル主演を務める。

 訓覇氏は、「ストーリーは事実ベースで、ネタかと思われるのが嫌」と話し、初回で描かれた事実として以下の主な具体例を挙げた。

〈1〉嘉納がフランス大使館に呼び出される場面

〈2〉嘉納が五輪参加を前向きに検討し、周囲から反対される場面

〈3〉金栗が雨の中激走し、帽子の塗料が溶け、顔に血がかかったようにみえる場面

〈4〉スポーツ社交団体「天狗倶楽部」が服を脱ぐ場面

 さらにドラマで使われた過去の資料映像は、NHKの所有映像以外に購入した映像があるといい「どこにあるか、いくらかかるか、使えるのかを調べた」と、徹底したこだわりを明かした。試写会を終え、「1話目は壮大なプロローグ。4年くらいやっていて、自分的には感無量。すべてのエネルギーが役者さんに乗り移った。子供たちにも見てほしい」と胸を張った。

 大河ドラマの58作目。2013年前期のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」の脚本家・宮藤官九郎氏(48)と訓覇氏が再びタッグを組み、宮藤氏は初めて大河の脚本に挑んだ。撮影は、全47話の半分ほど終えたという。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請