羽生竜王、通算100期持ち越し 27年ぶり無冠危機…竜王戦史上最速負け

早い終局となり首をかしげる羽生善治竜王(右)
早い終局となり首をかしげる羽生善治竜王(右)

 将棋の第31期竜王戦7番勝負の第6局が13日、鹿児島県指宿市の旅館「指宿白水館」で行われ、先手番の挑戦者・広瀬章人八段(31)が81手で羽生善治竜王(48)に勝ち、対戦成績を3勝3敗のタイに戻した。王手が掛かっていた羽生竜王のタイトル獲得通算100期は最終局に持ち越しとなった。

 偉業を見届けようと、九州南端まで報道陣が殺到した大一番は異例のスピード決着となった。12日の1日目から互いの飛車角が乱舞する激しい展開に。2日目の再開直後から広瀬八段が形勢を握ると、一気に勝負を決めた。2日制のタイトル戦は夕方から夜にかけて終局するのが通例だが、羽生竜王が投了したのは午後0時7分。竜王戦31年の歴史で最速で、初めて昼食休憩前の終局となった。

 羽生竜王は20、21日に山口県下関市で行われる最終局で敗れると、1991年3月に棋王を奪取してから保持し続けたタイトルを全て失い、27年ぶりの無冠に転落する。栄光か屈辱か。重圧の掛かる勝負になるが「最終局なので悔いが残らないよう、自分なりにできる限りのことをして臨みたいです」と淡々と語った。

 一方、2010年に王位を獲得して以来のタイトルに逆王手を掛けた広瀬八段は「大一番になったんだなあ、と感じます。私にとって久しぶりのタイトルが懸かるので、可能な限り準備して臨みます」。

 平成最後の竜王戦は、将棋史に残るビッグマッチとなる。(北野 新太)

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請