拳四朗VS京口紘人、得意のジャブで距離を保った拳四朗「プレッシャーが強いので油断できない」

◆プロボクシング▽公開スパーリング WBC世界ライトフライ級王者・拳四朗―前IBF世界ミニマム級王者・京口紘人(13日、東京・後楽園ホール)

 WBC世界ライトフライ級王者・拳四朗(26)=BMB=とWBA同級1位の前IBF世界ミニマム級王者・京口紘人(25)=ワタナベ=が13日、公開スパーリングで対決した。3分×2回、ヘッドギア有り、グラブは14オンス。アマ時代は拳四朗の3勝1敗で、両者とも世界王座奪取前の昨年4月にも大阪で公開スパーを行っていた。

 1回、圧力をかけてきた京口に対し、拳四朗はやや後退。しかし、2回は素早いフットワークで距離を取り、得意のジャブで京口の出足を止めた。手数を増やし、的確にパンチをヒット。終了後はリング上で互いに統一戦を熱望し、拳四朗は「こういう緊張感のある中でスパーをすることはない。強い相手だし、楽しかった」と振り返り「今日、ここに来てる人は、もちろん見に来てくれるんですよね?」と笑いを誘った。

 「距離は2ラウンドからつかめた。1ラウンド目は見たけど、今日は2ラウンドしかないので、ちょっと焦ってしまった。距離を意識してやりましたね。やっぱり(京口は)プレッシャーが強い。どんどん前に出てくるし、プレッシャーが強いので油断できない」と相手を称え、「(対戦相手として)意識してきますね」と対抗心が芽生えた。

 拳四朗は30日にV5戦(東京・大田区総合体育館、報知新聞社後援)で同級8位サウル・フアレス(メキシコ)、京口は大みそかにマカオで同級スーパー王者ヘッキー・ブドラー(南アフリカ)と対戦し、世界2階級制覇に挑戦する。

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請