【広島】巨人からプロテクト名簿届く 鈴木本部長、長期戦示唆「年を越すかも分からんな」

ジャイアンツ球場を見学し取材に応じる丸佳浩
ジャイアンツ球場を見学し取材に応じる丸佳浩

 広島・鈴木清明球団本部長(64)が12日、丸佳浩外野手(29)のFA移籍に伴い、巨人からのプロテクト名簿が届いたことを明かした。人的補償を求めることが濃厚だが「ゆっくり考える。年を越すかも分からんな」と、慎重に人選を進める構えを見せた。

 野手なら“カープカラー”に見合った機動力に優れた選手が補強ポイントに合致する。また投手陣では先発も中継ぎも含め、左腕が不足。過去には阪神に移籍した新井の補償だった赤松が外野のレギュラーとなり、守備、代走要員としても1軍に定着。巨人へ移籍した大竹の補償だった一岡はセットアッパーに成長した。今後、緒方監督やコーチ陣とも相談しながら絞り込む。

 11日に丸が巨人の契約締結合意選手として公示されたため、返答期限は来年1月19日となる。鈴木球団本部長は「これから時間をかけて精査してね。一人一人分析したい」と説明した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請