ホリエモン、サンタ姿でミュージカル熱演 クリスマスは「彼女がいなかった頃は寂しかった」

サンタクロース姿で熱演する堀江貴文氏
サンタクロース姿で熱演する堀江貴文氏

 元ライブドア社長の堀江貴文氏(46)が主演するミュージカル「クリスマスキャロル」(16日まで)12日、東京キネマ倶楽部で初日を迎えた。

 2010年に堀江氏主演で行ったミュージカルの再演。堀江氏は、IT企業の経営者として成功を収めたものの社内では守銭奴と恐れられ、クリスマスに憎しみとも思える感情を持つ主人公・スクルージを演じる。

 サンタクロース姿で登場したホリエモンは「IT企業はゴールがスタートだけど、ミュージカルはみんなで作り上げた達成感がすごい」と力説した。

 「食とエンターテインメントの融合」を掲げ、飲食しながら観劇できる席も設けた。休憩中や終演後に堀江氏が同席するVIP席は、最高額の15万円。それでも、この日の夜公演は完売といい「すごいぜいたくなショーになる。例えば、(米歌姫の)マドンナと記念撮影して話せる席は100万円とかが世界のエンターテインメントの基本。僕も毎月1人13万円のすし会をやってます」と語った。

 自身のクリスマスの思い出を聞かれると、「彼女がいなかった頃は寂しかった。リア充爆発しようと思ってましたね」と苦笑いを浮かべた。

 公演は16日まで。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請