「下町ロケット」異例の越年放送 正月2日にスペシャル版

16日放送分で共演する阿部寛(左)と立川談春
16日放送分で共演する阿部寛(左)と立川談春

 TBS看板枠「日曜劇場」で放送中の連続ドラマ「下町ロケット」(日曜・後9時)が1月2日にスペシャル版を放送することが11日、分かった。連ドラが年を越して放送されるのは極めて異例。

 同局関係者によると、「新春ドラマ特別編『下町ロケット』」として、午後9時から2時間15分の拡大版で放送される。「日曜劇場」枠での放送は23日で終了するが、物語は続き、2日放送分は“その後”が描かれるという。通常の10月期の連ドラは、12月中に最終回を迎えるため、本作も23日放送分の第11話で終わるとみられていた。

 今年10月期の各局の連ドラの中でも高い人気を誇る本作は、正月番組の“目玉”としてスペシャル版を放送することが検討されていた。9日に第9話が放送され、物語は佳境を迎えているが、ドラマの撮影は今月下旬まで行われる。

 「下町ロケット」は、13年の大ヒットドラマ「半沢直樹」の制作チームが、人気作家・池井戸潤氏の直木賞受賞作を映像化。主演の阿部寛(54)演じる、宇宙科学開発機構の研究員だった佃航平が死んだ父の経営していた町工場「佃製作所」の社長となり、社員たちと奮闘し数々の難局を突破する姿を描く。

 15年10月期に放送されたシリーズ第1弾の最終回平均視聴率は同年の民放連ドラで最高となる22・3%を記録。3年ぶりに復活したシリーズ第2弾となる本作でも安田顕(45)、竹内涼真(25)ら佃製作所のメンバーは健在。新キャストとして尾上菊之助(41)や古舘伊知郎氏(64)、イモトアヤコ(32)らが登場し、平均視聴率2ケタをキープし好調だ。

 多くの企業や人物の思惑が絡みあい、複雑な展開を見せる物語は、どんな結末を迎えるのか。注目される。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請