日本サッカー協会が代表に関わる全ての人の共通価値観「日本代表アイデンティティ」策定

 日本サッカー協会は11日、「日本代表アイデンティティ」を策定したと発表した。これは日本代表選手、ナショナルコーチングスタッフ、チームスタッフなど、日本代表に関わる全ての人が大切にすべき、共通の価値観だという。田嶋幸三・日本サッカー協会会長は「日本サッカーの礎を築いた先人たちの誇り高き姿勢と行いを範とし、この5つのキーワードとステイトメントを策定しました」とコメントした。キーワードは「誇り・責任・礼節・団結・覚悟」、ステイトメントは「日本代表、それは夢の舞台で躍動する集団 日本の代表として戦う誇りを心に刻み 勝利を目指してひとつに団結する すべての関わりに対して感謝し 日本中の応援を力に変えて、世界に挑みつづける」となった。

 田嶋会長は「日本にサッカーの種をまき、長い不遇の時代にもそれを大切に育て、その礎を築いてくれた多くの諸先輩方の強い意志と情熱があって今の日本サッカーがあるのは言うまでもありません。そのバトンを受け継ぎ、次代につなげていくことは、日本代表がより強く、より魅力的な存在になるために不可欠なことです」とコメントしている。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請