泉谷しげるドラマ版「後妻業」で津川雅彦さんの役を継承「何かの縁だろう」

追加キャストの(上段左から)篠田麻里子、長谷川朝晴、葉山奨之、平山祐介、田中道子、(下段左から)次長課長・河本準一、濱田マリ、とよた真帆、泉谷しげる
追加キャストの(上段左から)篠田麻里子、長谷川朝晴、葉山奨之、平山祐介、田中道子、(下段左から)次長課長・河本準一、濱田マリ、とよた真帆、泉谷しげる

 木村佳乃(42)が主演するフジテレビ系新ドラマ「後妻業」(来年1月22日スタート、火曜・後9時)の追加キャスト9人が11日、制作局のカンテレ(大阪市)から発表された。

 資産家の老人をターゲットに、遺産相続目当ての結婚詐欺を行う「後妻業の女」小夜子(木村佳乃)と、結婚相談所の社長で後妻業の黒幕・柏木(高橋克典)が巻き起こすサスペンス&大人恋愛ドラマ。

 夜子に巻き込まれていくクセのある登場人物として、葉山奨之(22)、長谷川朝晴(46)、篠田麻里子(32)、平山祐介(48)、田中道子(29)、次長課長・河本準一(43)、濱田マリ(49)、とよた真帆(51)、泉谷しげる(70)の出演が決定した。

 泉谷は、小夜子の最初の後妻業のターゲットとなる、中瀬朋美(木村多江)の父親・耕造を演じる。

 同じく黒川博行のベストセラー小説を原作に、2016年に公開された映画版にも出演していた泉谷は「ちょっとしか出ていなかったもんで、いつかはちゃんとやりたいなと、どこかで思っていたんだ~」と念願かなって感激した。

 映画版では、今年8月に亡くなった津川雅彦さんが演じた役。「テレビドラマ化で出演の話が来た時に、もしかして? もしかして! 津川さんが映画でやっていた役かと」と期するところがあったようで「自分に話が来たのは何かの縁だろう。難しい関西弁に挑戦しまっせー。途中で、標準語になったらごめんな、ということで、原作の黒川さんに文句言わせないようにするので、黒川さんも文句言わないようにヨロシク!」と猛アピールした。

 原作に似た連続殺人事件が関西で実際に起きて話題になった作品。泉谷は「ブラックな内容ではあるんだが、これから日本ではますます増えるんじゃないかという思いも込めて、オレたちが一生懸命演じて、みんなに警鐘を鳴らすので、どうか皆さんが、後妻業を見破れるような眼を持っていただきたい!」と気合を込めた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請