正代、祖母の正代さんが見守る中で地元凱旋

地元の熊本・宇土市の巡業で祖母の正代さん(右)と並ぶ幕内・正代(左)
地元の熊本・宇土市の巡業で祖母の正代さん(右)と並ぶ幕内・正代(左)

 大相撲の冬巡業が熊本・宇土市で行われ、同市出身の幕内力士・正代(27)=時津風=が地元を盛り上げた。

 満員の会場で、朝稽古の後半に土俵に上がると大歓声。10番相撲を取り、大関・栃ノ心(31)=春日野=には6連敗したものの、「頑張れ~」と声援が飛んだ。稽古の最後には約2分間、栃ノ心とぶつかり稽古。泥だらけになる姿に、会場も熱を帯びた。「いつも以上に気を引き締めて取り組めた気がする。最後の稽古も、(大関に)指名して頂いてよかった」と明るく振り返った。

 向こう正面の椅子席最前列には、家族の姿があった。来月で90歳を迎える祖母・正代(まさよ)さんも、孫の奮闘に目を細めながら「(稽古を)頑張っていたと思います」。福岡で行われた九州場所も、13日目に足を運んだという。普段はテレビで欠かさず見ながら、孫にけががないように毎日祈っているという。地元ではすっかり有名になった孫のおかげで「病院でも、声をかけられるようになりました」と嬉しそうに語った。

 正代さんは姓と名が漢字表記で全く同じ。旧姓は中山で、嫁いだ先が正代姓だった。全国的にも珍しい正代という名字。当初はビックリしたというが「嫁いだときに、その地区で10件くらいだった」と語った。

 2017年初場所で新関脇となった正代は、同年夏場所以降は幕内上位で相撲を取っている。九州場所では前頭4枚目で3場所ぶりに勝ち越した。初場所(来年1月13日初日・両国国技館)以降の成績次第では、再び三役に昇進できる。「まずは三役じゃないですか。常に上位にいればチャンスもある。(来年も三役として)そうやって戻ってこれたらいい」と力を込める。応援団長の正代さんも「けがしないように。少しでも上にあがれれば」とエールを送った。

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請