紀平梨花と大迫傑、テレビ朝日ビッグスポーツ賞に追加受賞

紀平梨花
紀平梨花

 テレビ朝日は10日、2018年のスポーツ界で優れた成績を残した個人、団体を表彰する「第53回テレビ朝日ビッグスポーツ賞」の表彰者にフィギュアスケート女子でGPファイナルを初制覇した紀平梨花(特別賞)と、マラソン日本記録を樹立した大迫傑(五輪奨励賞)を追加した。表彰式は来年1月11日、都内で行われる。

 11月16日に発表されたビッグスポーツ賞には、平昌五輪で金メダルを獲得したフィギュアスケート男子・羽生結弦、スピードスケート女子・小平奈緒、スピードスケート女子チームパシュート日本代表(菊池彩花、高木菜那、高木美帆、佐藤綾乃)が選ばれた。

 特別賞に、テニス女子で全米オープンを初制覇した大坂なおみと、バドミントン男子で世界選手権優勝の桃田賢斗、五輪奨励賞に競泳の池江璃花子も選出。10月に現役引退を表明した卓球女子の福原愛さんも、同特別功労賞に選ばれた。

 ビッグスポーツ賞は、その年の1月1日から12月31日までの間に、スポーツ界(JOC加盟競技団体)で優れた成績を残した個人、団体を対象とするJOCオフィシャルの賞。優れた成績とはオリンピック、世界選手権大会などグレードの高い国際大会での優勝、内外競技会での世界新記録、世界最高記録の樹立をいう。ただし、選考委員会以降に、受賞に該当する成績をあげた個人、団体に関しては、別途機会を設け協議する。

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請