宮原知子「一歩進んで、また一歩下がって。それでも少しずつ前に進んでいる」

フリー演技から一夜明け、取材に応じる宮原知子(カメラ・相川 和寛)
フリー演技から一夜明け、取材に応じる宮原知子(カメラ・相川 和寛)
エキシビションで演技する宮原知子(カメラ・相川 和寛)
エキシビションで演技する宮原知子(カメラ・相川 和寛)

 フィギュアスケートのGPファイナル女子で6位に終わった宮原知子(20)=関大=が一夜明けた9日、エキシビションに出演。会場で取材に応じた。3回転ルッツで回転不足を取られたるなど、得点が伸び悩み「もちろん技術的な部分はありますけど、気持ちの部分が今回は一番足りなかったところです。全日本までもう日もないですし、ひたすら自信をつけてしっかり練習するしかないと思います」と振り返った。

 同門の後輩の紀平梨花が3回転半ジャンプを成功させ初出場優勝。ジュニアには4回転を跳ぶ選手も出てきた。下からのプレッシャーを感じてはいるが、自分を滑りを極めていくことは変わらない。

 「常に下からはどんどん上がってきますし、常に勝ち続けるということは難しいこと。気持ちの部分でのコントロールは難しいのはずっと感じていますし、これからももっと難しくなっていくんだろうなっていうのは感じているんですけど、試合で自分がやらないといけないことをしっかりやるということは変わらない。それだけに集中することをもっと身に着けられたなと思います」

 全日本選手権(21~24日・大阪)では5連覇に挑む。

 「一歩進んで、また一歩下がってとか、そういう状態を繰り返していますけど、それでも少しずつ前に進んでいるんじゃないかなとは思っています」。

 今大会も美しいスケーティングで観客を魅了した。努力の天才は、これからもコツコツと自信を積み上げていく。

フリー演技から一夜明け、取材に応じる宮原知子(カメラ・相川 和寛)
エキシビションで演技する宮原知子(カメラ・相川 和寛)
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請