松本人志、とろサーモン久保田とスーマラ武智に苦言「勉強不足」

松本人志
松本人志

 2日に開催された漫才日本一決定戦「M―1グランプリ」で、終演後に「とろサーモン」の久保田かずのぶ(39)と「スーパーマラドーナ」の武智正剛(40)が審査員・上沼恵美子(63)に暴言を放った騒動で9日、審査員を務めた「ダウンタウン」の松本人志(55)がフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)に出演し久保田と武智を「勉強不足」と批判。上沼もテレビ番組で2人を斬り捨てた。

 M―1を上沼の隣で審査した松本は「今日、本当は休みたかった」と吐露した。番組内で騒動に触れることに複雑そうな表情。MCの東野幸治(51)に話題を振られ、「何よりも勉強不足。上沼さんがどれだけの人か本当に分かっていない。勉強不足で、勉強が不足していることすら勉強できていない。あそこに座れる人はあの人(上沼)しかいない。そこを言われてしまうと俺はキツイ」と、しかめ顔で久保田と武智をとがめた。

 共演者が、2人が飲酒状態だったことを指摘すると、「いくらお酒を飲もうが、まったく思っていないことは言わない。そこはごまかしちゃいけない」とピシャリ。「スーパーでサーモンは買わない。トロもしばらく買わない」とコンビ名をもじって突き放した。自身も若い頃にお笑いコンテストで審査員を批判したことがあるが、「僕はお酒に任せてないし、本人を前にして言ってきた」と一線を画しているとした。

 M―1は第1回大会から、これまで12大会で審査員を担当。もともと、島田紳助さん(62)から「お前はやる義務がある。お前に憧れて入ってきたやつがいっぱいおるから、やらなあかん」と諭され、引き受けた。

 過去に出場者から「現役で漫才をやってない」と指摘されたことも。今回の暴言を「上沼さんのことだけじゃなく、僕のことも含まれているんだろうな。審査員に対しての鬱憤(うっぷん)がたまっている」と想像しつつ、「プロが見ている中でやることでエンターテインメントが向上していく」。視聴者投票ではなく、同じ漫才師が審査することの意義を唱えた。

 同大会の審査員紹介中、上沼がMCを務める関西テレビ系「快傑えみちゃんねる」(金曜、後7時)への出演オファーを受けた。「俺関係ないのに、上沼さんのところにあいさつに行かなくちゃいけないと思っている。いよいよ断りにくい状況ですね」。松本と上沼が共演する可能性も出てきた。

 ◆M―1暴言騒動 2日のM―1にゲスト出演した久保田が打ち上げで、「そろそろもうやめてください」「お前だよ。分かんだろ、右側のな!」などと、審査員席の一番右に座っていた上沼を批判するような発言。これを武智がインスタライブで配信し、武智も「右のオバハンにはみんなうんざりです」と発言。2人は4日にSNSで謝罪。

 「THE MANZAI-」登場
 とろサーモンはこの日、フジテレビ系「THE MANZAI2018」に登場。事前に収録されたもので騒動には言及しなかった。漫才終了後、MCのナインティナイン・岡村隆史(48)が「久保田さんがいろいろご迷惑をおかけして…」と代わりに謝罪。番組の特別顧問を務めるビートたけし(71)が「大変だね」と続け、矢部浩之(47)は「たけしさんも心配されています」と笑いを誘った。久保田と武智はこの日、それぞれ大阪市内の劇場公演に出演した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請