【ソフトバンク】工藤監督が台湾から帰国「みんな生き生きとプレーしていた」

 ソフトバンク・工藤公康監督(55)が9日、台湾で開催中の「2018アジアウィンターベースボール」の視察を終え帰国した。ウエスタン選抜として椎野、増田ら8人の若タカが、はつらつとプレーする姿を目にし「みんな生き生きとしていた」と目を細めた。

 到着した7日の夜には関川、入来コーチらも交え会食。焼き肉を食べながら野球談議で盛り上がったという。10日からハワイへ日本シリーズ優勝旅行に向かうが、その忙しいスケジュールの合間を縫って台湾へ2泊3日の“弾丸ツアー”。「なかなかこういう機会はない。行ってよかった」と充実感を漂わせた。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請