ビートたけし、貴ノ岩の暴行引退に「今の幹部だって、殴られたり蹴られたりして強くなってきたのに」

引退会見を開いた貴ノ岩
引退会見を開いた貴ノ岩

 タレント・ビートたけし(71)が8日放送のTBS系「新・情報7days ニュースキャスター」(土曜・後10時)にMCとして生出演。大相撲の冬巡業先で付け人に暴力を振るって7日に現役引退した元幕内・貴ノ岩(28)を巡る相撲協会の処分に独自の見解を示した。

 たけしは、相撲協会幹部に「そういうこと(引退)を言う前に、1場所か2場所休場というペナルティーを科すことが出来るはずなのに、なんで引退するまで黙っているのかね」と意見。「だいたい相撲の今の幹部の人だって、殴られたり蹴られたりして強くなってきたのに」と語った。

 コメンテーターの明大教授・齋藤孝氏(58)が「『付け人制度』が今の時代に合っていない。上下関係がはっきりしている閉じた関係というのは、パワハラとか暴力が起きやすい」と言及すると、たけしは「『付き人(付け人)』というのはタレントにも一杯いる。俺の付き人はゾマホンだけど、あいつの方が偉そうにしていますよ。俺より食うし」とスタジオを笑わせた。

 さらに「殴るっていうのはね。昔の芸能界は殴って殴ってだけどね、本当のことを言うと」と話し、「今は時代がね、パワハラとかそういうことにすごくうるさくなったんで。だけど裸一貫で身を立てる相撲は、独自の制裁っていうか、うまく続けられるような処分をしないと。引退は最後の手段じゃないかな」と私見を語った。

 進行の同局・安住紳一郎アナウンサー(45)は「これで、貴乃花親方も景子さんも、貴ノ岩もいなくなってしまったんですよね」とコメントしこの話題を締めた。

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請