松本人志、M―1暴言問題で審査員引退を示唆「上沼さんいなくなったらオレも考える」

松本人志
松本人志

 「ダウンタウン」の松本人志(55)がが9日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)に出演。自身が審査員を務めた2日にテレビ朝日系で放送された漫才日本一決定戦「M―1グランプリ」の放送後に「とろサーモン」の久保田かずのぶ(39)と「スーパーマラドーナ」の武智正剛(40)が審査員を務めたタレント・上沼恵美子(63)へ暴言を吐いた問題について語り、上沼が来年の審査員を辞退した場合「上沼さんいなくなったらオレも考えるからね」と自身の審査員を辞める意向をほのめかした。

 この日の放送では冒頭で今回の問題についてコメント。さらに番組のエンディングで松本はMCの東野幸治に見解を聞いた。東野は「絶対にあいつらが悪いと思うんですけど」とした上で、「あれが久保田の面白さであったり、好きなところでもあるんですよ。でも、だからだから」と頭を抱えて「本当難しいと思うんですよ」と言葉に窮した。

 さらに東野は「今後、とろサーモンの久保田の“キレ”の感じも出てこないのかなと、そこの心配もあるんですけど、でも上沼さんからしたら知ったこっちゃないって話やし、吉本として謝るしかない」と明かした。

 この東野のコメントを受け松本は「上沼さんいなくなったらオレも考えるからね」と発言。上沼は3日に自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組で審査員を引退すると宣言している。代わりに相方の浜田雅功が務めるかと出演者から言われると「あいつ漫才見る目なんかどこにもない」とボケていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請