西武7位・佐藤&楽天8位・鈴木、保育園児と交流「鬼ごっこはきつかった…」

富士大・鈴木(中央)が子供に囲まれて笑顔をみせる
富士大・鈴木(中央)が子供に囲まれて笑顔をみせる
子供らと一緒に記念撮影する富士大・佐藤(中央左)と鈴木(中央右)
子供らと一緒に記念撮影する富士大・佐藤(中央左)と鈴木(中央右)

 ともに富士大に所属する、西武7位指名の佐藤龍世内野手(4年)=北海=と楽天8位指名の鈴木翔天(そら)投手(4年)=向上=の2人が5日、学校所在地の岩手・花巻市内の保育園を訪問した。園児約50人と鬼ごっこをしたり、目の前でキャッチボールをして球の速さを感じさせたりと、一緒に体を動かして交流。昼食を一緒に食べ、最後は名前入りのサイン入り色紙を1人ずつプレゼントした。

 地域交流の一環として、自身が中心となり初めて企画したという豊田圭史監督(34)は「これをきっかけに、野球だけでなくスポーツをやる子供たちが増えてくれればいい」と振り返った。佐藤は「子供は好きなので楽しかったです。でも、鬼ごっこはきつかった…」と苦笑い。鈴木は「みんな元気でしたね。夢を与える立場として、いい経験ができた」と笑顔を浮かべていた。(有吉 広紀)

富士大・鈴木(中央)が子供に囲まれて笑顔をみせる
子供らと一緒に記念撮影する富士大・佐藤(中央左)と鈴木(中央右)
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請