【オリックス】来季FA取得見込みの安達に複数年提示 結論は持ち越し「家族と相談したい」

契約交渉に臨んだオリックス・安達
契約交渉に臨んだオリックス・安達

 オリックスの安達了一内野手(30)は4日、大阪・舞洲の青濤館で球団と来季契約について交渉し、単年と複数年の提案を受けた。「いろいろ提案があったので、自分の意見だけでは決められない。家族に相談したい。(提案は)全然悪いことではない」と話し、持ち帰って検討した後に契約を更改する考えを示した。

 安達は今季、遊撃のレギュラーとして140試合に出場し、打率2割1分9厘、3本塁打、41打点、20盗塁。早ければ来年4月中にも国内フリーエージェント権を取得する。交渉役の森川球団本部長補佐は「単年か複数年かという提案を行いました。何年何円という具体的な提示はしていない」と説明。安達について「非常に安定した守備力で、リーダーシップもある、うちの軸になっている選手。我々は残ってほしいですし、彼も残りたいと思っていると思う」と話した。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請