【西武】秋山、複数年契約結ばず「来年は新たな挑戦のシーズン」

メジャー挑戦に関する質問を笑顔でかわした秋山翔吾
メジャー挑戦に関する質問を笑顔でかわした秋山翔吾

 西武の秋山翔吾外野手(30)が3日、埼玉・所沢市のメットライフで契約更改交渉を行った。来季が3年契約最終年で、順調なら海外FA権を取得する見込み。球団には来季からの新たな複数年契約を提示されたが、従来の契約を選び、1500万円増の2億3500万円プラス出来高でサインした。

 今季は主に1番で打率3割2分3厘、24本塁打、82打点。195安打で2年連続3度目の最多安打に輝いた。球団からは来季の3年契約最終年を破棄し、新たに複数年の大型契約を提示されたが、断りを入れた。「3年契約を全うしてから考える。来年は僕にとっても新たな挑戦のシーズン」と覚悟を示した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請