【巨人】大城 倍増2000万円 激戦捕手争いへ攻守「両方アピールしたい」

倍額でサインした大城(カメラ・森田 俊弥)
倍額でサインした大城(カメラ・森田 俊弥)

 巨人の大城卓三捕手(25)が3日、東京・大手町の球団事務所で契約更改に臨み、倍増の2000万円でサインした。

 東海大相模高、東海大、NTT西日本を経てドラフト3位で入団1年目の今季は83試合で打率2割6分5厘、4本塁打、17打点。甲子園で球団の日本人の左打者では3年ぶりとなる本塁打を放ち、サヨナラ安打も記録した。打撃面でパンチ力を発揮し、スタメンマスクを36試合でかぶった。

 来季は西武からFA移籍の炭谷、捕手復帰の阿部、小林、宇佐見、岸田、田中貴と激しい捕手争い。秋季キャンプでは一塁も守ったが、捕手へのこだわりを聞かれると「強く持っています」。1年目を振り返り「(攻守)両方ともあまり通用しなかったなと思います。打撃だけとか守備だけとかではなく両方でアピールしていきたいです」と話した。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請