【西武】栗山 自身が主催する「栗山巧杯」に登場

兵庫県で行われた自身が主催する栗山巧杯に参加し、子どもに指導する西武の栗山
兵庫県で行われた自身が主催する栗山巧杯に参加し、子どもに指導する西武の栗山

 西武の栗山巧外野手(35)が2日、自身が主催する少年野球大会「第8回栗山巧杯」を訪れた。この日、決勝戦が兵庫県立三木総合防災公園野球場で開催され、大会後には神戸市内の特別支援学校に通う子どもたちを含む26人を集め「リアル野球盤」が行われた。

 栗山はイベント前から「とにかく野球は楽しい、仲間との絆が深まる遊びだということをたくさんのお子さんたちに伝えたいと思います!」と意気込んでおり、多くの子どもたちに野球を好きになってもらうことを目的として、昨年に続きリアル野球盤を取り入れた。チームメートの永江と松本も加わり、約1時間、子どもたちと野球を楽しんだ。

 神戸市内の特別支援学校に通う小学生低学年の男の子は昨年に続き、2年連続での参加。「今年もとっても楽しかったです。去年は永江チームで永江選手が僕のことを覚えていてくれて嬉しかったです。今年は松本チームで松本投手のバッティングがすごかったです! 来年も参加したいです」とレオ戦士と野球を存分に楽しんだ1日を振り返った。

 男の子の両親も「子どもから自発的に今年も参加したいと言われました。元気よく参加してくれました。健常者の子たちと交流するイベントがなかなかないので、このような機会はとてもいいものですね」とこのイベントに感謝した。

 栗山は「今年もうまいこといくといいなと思って当日を迎えましたが、昨年以上に一般参加の子どもたちも集まってもらえて本当に楽しくやれました。来年も続けていきたいです」と充実した表情で、早くも次大会を見据えていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請