【巨人】山口俊、断食 3日間水だけで目標95キロ

今オフ減量に臨む山口
今オフ減量に臨む山口

 巨人の山口俊投手(31)が1日、今オフは減量に臨むことを明かした。すでに人生初の断食も終了。毎オフ、103~105キロをメドにトレーニングしてきたが「体のキレを出すために1回落とす」と、95キロを目指す。

 G球場でキャッチボールを行った右腕は、どこかスッキリした表情で汗を流した。11月下旬に人生初の断食に挑戦した。千葉・成田山新勝寺で行うつもりだったが、時間がなく行くことを断念。酵素ドリンクなどを飲まず、自分が寺にいると思い、独自の方法で水と炭酸水だけで3日間過ごした。結果3、4キロ体重が落ち、102キロになった。

 「30歳を超えて体を1回見直そうかなと思って。暴食を防ぐために胃も小さくしたかった。1回胃の中、腸をリセットしてっていうのが一番の目的です」

 キレキレの体を手に入れるため、我慢のオフはまだまだ続く。今後は食事制限を続けながら、有酸素運動を多く取り入れ、オフは体重95キロを目指す。「キャンプ中に100キロぐらいに持っていければいいかな」とプランを明かした。

 今季は開幕から先発ローテを担い、9勝、自己最多の6完投をマークした。7月27日の中日戦(東京D)ではノーヒットノーランを達成。後半戦からはマシソン、上原、カミネロが離脱し守護神を務めた。結果30試合の登板とフル回転し、チームをCSに導いた。来季は原監督の新体制の下、リーグ優勝、日本一奪回に挑む。右腕は必要不可欠な戦力だ。

 すでに宮本投手総合コーチ、水野投手コーチとは面談を済ませ、来季への自分の思いを伝えたという。「1年間離脱することなく1軍で投げられたらいいと思います」。新たな山口俊に“リセット”し、来季に臨む覚悟だ。(玉寄 穂波)

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請