【巨人】高田、菅野のゴルフの腕前に「すごいです」同組で自己ベスト大幅更新

菅野智之とラウンドした高田萌生(右)
菅野智之とラウンドした高田萌生(右)
菅野智之とラウンドした高田萌生(右)
菅野智之とラウンドした高田萌生(右)

 巨人の高田萌生投手(20)が30日、神奈川県内で行われた球団納会・選手会ゴルフコンペに参加。同組でラウンドしたエース・菅野智之投手(29)のゴルフのプロ級の腕前に感激し、「すごいです」を連発した。

 今年が高卒2年目で来季の先発ローテ入り、飛躍が期待される高田。ゴルフの経験は浅いといい、早朝ゴルフ場に到着すると「ベストスコアは160くらいです」と不安そうだった。

 同組になったのは球団職員2人と、過去に「69」というハイスコアを出したこともある菅野。高田はラウンドを終えてクラブハウスに戻ってくると「菅野さんはすごいです。本当にすごいです。ドライバーもすごいですし、止まるんです、バックスピンをかけて。自分は止まらずに先までいってしまうんです」と技術の高さに目を輝かせた。

 この日、高田のスコアは「66、63」の129。自己ベストを大幅に更新して大躍進した。ラウンド前には「菅野さんに野球の話も聞きたいです」と同組であることをプラスにとらえて貪欲さを見せていたが、実際に始まると「前にいる菅野さんについていくのに必死でした」と野球の話をじっくり聞くのは別の機会にお預けとなったようだ。

 それでも、参加79名中1位のグロス(スコア)「80」をマークした菅野の集中力、細かい技術の高さ、正確さ、繊細さなどグリーン上でも学ぶことが多かったといい「本当に貴重な体験でした」と振り返っていた。

 選手、コーチのユニホーム組で行われた「納会・選手会ゴルフコンペ」は伊藤博・前トレーニングコーチがグロス85、ハンディキャップ14・4、ネット「70・6」で優勝。2位は森福でグロス91、ハンディキャップ19・2、ネット「71・8」。3位がグロス80、ハンディキャップ7・2、ネット「72・8」の菅野だった。

菅野智之とラウンドした高田萌生(右)
菅野智之とラウンドした高田萌生(右)
すべての写真を見る 2枚

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請