【オリックス】近藤が今オフのチーム初保留 中継ぎの地位向上を直訴

契約を保留したオリックス・近藤
契約を保留したオリックス・近藤

 プロ3年目のオリックス・近藤大亮投手(27)が30日、大阪・舞洲の球団施設で契約更改交渉に臨んだが、現状維持の年俸3500万円の提示にサインしなかった。今オフのチーム初保留となった理由はリリーフの評価の確認。約1時間の話し合いで金銭面の話題に割いた時間は少なく、「金額にこだわりはない。中継ぎをどう評価していただいているのか確認したかった。勝ち試合で投げなければ評価されない、となるとモチベーションが湧かなくなる。今年はリーグ1位のチーム防御率(3・69)。投手が頑張ったからというのもある。ちょっと、時間が足りなかった」と説明。敗戦処理で登板する投手の地位向上などを訴えた。

 交渉役の森川球団本部長補佐は「彼は年齢的にもそういう(引っ張る)立場ですから。揉めているということではない」と話し、「来季の査定に反映した方がいいのかなと思う部分もある。こちらの考えも一定の理解をしてもらうことができた」と受け止めた。

 近藤は今季55試合に投げ、3勝3敗9ホールド、防御率3・33。意見の対立はなく、近日中に再び交渉のテーブルにつく予定となっている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請