【巨人】由伸前監督が球団納会であいさつ「本当に感謝しています」

納会であいさつをする高橋由伸前監督
納会であいさつをする高橋由伸前監督

 今季限りで辞任したで巨人の高橋由伸前監督(43)が30日、静岡・熱海市内のホテルで行われた球団納会に参加した。

 この日は「1年間の労をねぎらう会」ということで原監督ら新たに就任した首脳陣は参加せず、2018年体制の監督、コーチ、スタッフ、球団職員計約300人が集結。今季までコーチを務めた村田真一氏、斎藤雅樹氏、豊田清氏、二岡智宏氏ら、退団が発表されている首脳陣も参加した。

 司会者から「高橋監督」と紹介されて全員の前であいさつを行った由伸前監督は「2018年、1年間本当にご苦労さまでした。優勝という目標、そして皆さまの期待に応えることができなかったことが本当に申し訳なく思っていますし、私としても非常に残念に思っています」と思いを述べた。

 今後は球団特別顧問という立場になる。「私が監督を務めさせていただいたこの3年間というのは、巨人軍にとって当然勝負、そして変化、改革というものを求められた期間ではなかったかなと思っております。結果としてどちらも大したものを残すことはできなかったかもしれませんが、間違いなく巨人軍は前に進んでいるものと私は信じていますし、私にとっては非常に貴重な時間となりました。来年からはまた違った立場でジャイアンツを応援させていただきたいなと思います。監督として3年間、現役として18年間、合わせて21年間ジャイアンツのユニホームを着てグラウンドに立たせていただいたことを本当に感謝しています。本当にありがとうございました」と感謝の言葉を並べた。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請