【巨人】大竹、1勝で半減2625万円…原点回帰を誓う

すっきりした表情で会見に臨んだ大竹
すっきりした表情で会見に臨んだ大竹

 巨人の大竹寛投手(35)が27日、東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉に臨み、50%減の2625万円でサインした。年俸1億円以下の選手の減額制限は25%。これを超える場合は選手が同意しなければ自由契約となるが、「(その考えは)一切なかった」と、納得してサインした。

 巨人5年目の今季は2登板で1勝1敗、防御率6・00に終わった。現在、広島からFA宣言している丸の姿を見て、「それについて考えることもあった。初心ですね。ジャイアンツを選んで、自分が来た時の気持ちを思い返した。そういう気持ちをもう一回持ってやりたい」と、原点回帰を誓った。

 2013年12月の入団会見では、原監督から「15勝を」と期待された。その指揮官が来季4年ぶりに復帰する。オフは昨年に続いて静岡・伊豆で自主トレ予定。「原監督の時に呼んでもらったので、自分の中で勝手な縁を感じている。何でもいいので力になって優勝したいです」と、巻き返しを誓った。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請