MVP発表 セは広島・丸が2年連続、パは西武・山川が初受賞

スポーツ報知
最優秀選手賞を受賞した丸(左)と山川(カメラ・矢口 亨)

◆NPB AWARDS 2018 supported by リポビタンD(27日・グランドプリンスホテル新高輪)

 広島・丸佳浩外野手(29)が球団史上初となる2年連続2度目のセ・リーグ最優秀選手(MVP)に輝いた。セで2年連続受賞は藤田元司、王貞治、ラミレス(いずれも巨人)以来4人目(王は4度)。パ・リーグは西武・山川穂高内野手(27)がMVPを初受賞した。

 丸は今季打率3割6厘、リーグ2位の39本塁打、自己最多97打点でチームをリーグ3連覇にけん引。山川は両リーグ最多47本塁打を放ち、打率2割8分1厘、リーグ2位の124打点で10年ぶりのリーグ制覇に導いた。

 ◆丸 佳浩(まる・よしひろ)1989年4月11日、千葉・勝浦市生まれ。29歳。千葉経大付で2年夏、3年春に甲子園出場。2007年高校生ドラフト3巡目で広島入団。13年盗塁王、17年最多安打、今季は最高出塁率のタイトルを獲得。14、16~18年にベストナイン。13年から6年連続ゴールデン・グラブ賞。侍ジャパンで14年日米野球出場。177センチ、90キロ。右投左打。

 ◆山川 穂高(やまかわ・ほたか)1991年11月23日、沖縄・那覇市生まれ。27歳。中部商、富士大を経て、2013年ドラフト2位で西武入団。昨季78試合で23本塁打を放ち、今季は全試合4番を務めた。通算285試合出場、打率2割7分7厘、86本塁打、221打点。17年アジアプロ野球チャンピオンシップ、18年日米野球で侍ジャパン入り。176センチ、108キロ。右投右打。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×