GPデビュー2連勝の紀平梨花、帰国しファイナルへ意欲

フランス杯から帰国し、互いの健闘を労いあう紀平梨花(右)と三原舞依
フランス杯から帰国し、互いの健闘を労いあう紀平梨花(右)と三原舞依
フランス杯から帰国し、笑顔で取材に応じる紀平梨花
フランス杯から帰国し、笑顔で取材に応じる紀平梨花

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦・フランス杯で優勝し、GPデビュー2連勝を飾った紀平梨花(16)=関大KFSC=が27日、関西空港着の航空機で帰国した。男女通じて日本勢初のGPデビューVを果たした同第4戦・NHK杯(広島)に続き、200点超えでの優勝。テレビカメラ7台、報道陣約30人に迎えられ「たくさん記者さんがいて、びっくりした」と笑顔を見せたが、「うれしい気持ちはあるけど、抑えて次の試合へ向かっている」、「きょうから(リンクで)滑る」と早速、シリーズ2戦合計の上位6人で競うGPファイナル(12月6日からカナダ・バンクーバー)へと気持ちを切りかえた。

 また、紀平と同便でフランス杯2位の三原舞依(19)=シスメックス=も帰国した。

フランス杯から帰国し、互いの健闘を労いあう紀平梨花(右)と三原舞依
フランス杯から帰国し、笑顔で取材に応じる紀平梨花
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請