【巨人】西武からFA移籍の炭谷 オレンジ色のネクタイで入団会見

巨人に入団が決まった炭谷銀仁朗(右)は原辰徳監督から帽子をかぶらせてもらった
巨人に入団が決まった炭谷銀仁朗(右)は原辰徳監督から帽子をかぶらせてもらった
炭谷は背番号「27」のユニホーム姿を披露した(左は原監督、カメラ・池内 雅彦)
炭谷は背番号「27」のユニホーム姿を披露した(左は原監督、カメラ・池内 雅彦)

 巨人は26日、西武からFA宣言した炭谷銀仁朗捕手(31)の入団会見を行った。都内のホテルで午後2時から始まり、原監督が同席した。炭谷はジャイアンツカラーのオレンジ色のネクタイを着けた、スーツ姿で登場。緊張した様子で「ジャイアンツという伝統ある球団に入団できて光栄に思います。日本一奪回に向けて貢献できるように頑張っていきたいです」と挨拶した。年俸は1億5000万円で3年契約。

 22日には前オリックスの中島宏之内野手の入団会見が行われたばかり。今度はセンターラインを強化するために、「炭谷獲り」を成功させた。原監督は「ギンジロウ」の愛称で呼びかけ、「チームにとって大事な大事なパーツの一人が加わって喜ばしく思います」と期待をかけた。

 球団とは3年契約で総額5億円以上で合意に達した模様。背番号は西武時代につけていた「27」が発表され、初めてYGマークのユニホームに袖を通した。これにより、宇佐見が「32」に変更となった。

巨人に入団が決まった炭谷銀仁朗(右)は原辰徳監督から帽子をかぶらせてもらった
炭谷は背番号「27」のユニホーム姿を披露した(左は原監督、カメラ・池内 雅彦)
すべての写真を見る 2枚

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請