【巨人】菅野智之、来季背番号「18」に決定…藤田、堀内、桑田ら伝統のエースナンバーを継承

来シーズン、背番号「18」を背負うエースの菅野(合成写真)
来シーズン、背番号「18」を背負うエースの菅野(合成写真)

 巨人・菅野智之投手(29)の背番号が来季、「19」から「18」に変更されることが25日、決定した。この日、都内でマラソン大会のスターターを務めた原辰徳監督(60)が「来季より18番をしっかり背負って戦うという話を2人でしてます」と明かした。数々の大投手がつけてきた伝統のエースナンバーを継承する。また指揮官から、来年3月29日の広島戦(マツダ)での開幕投手にも指名された。

 ついに、その時が来た。菅野が伝統の「背番号18」を継承することが決まった。原監督はすっきりとした表情で切り出した。「来季より18番をしっかり背負って戦うという話を2人でしてます。空き番という形になったものですから。そう伝えたら、本人も『わかりました、戦います』と言いました」。来季は栄光のナンバーを背負い、君臨する。

 かつては中尾碩志、藤田元司、堀内恒夫、桑田真澄、杉内俊哉と大投手が受け継いできた。今季背負っていた杉内が現役引退し、ファーム投手コーチとなったことで空き番になった。最初、原監督から菅野本人に変更を伝えた時「(自分で)いいんでしょうか」と謙虚に聞き返してきたという。指揮官は優しく言った。

 「お前、それはね、智之しかいない、と。すると『わかりました』と」

 与えられたのではなく、つかみ取った。今季、202イニングを投げ、15勝8敗、防御率2・14、200奪三振、10完投8完封。最多勝、最優秀防御率、選考基準7項目全てをクリアした上で史上5人目となる2年連続沢村賞も受賞。押しも押されもせぬ球界NO1投手となった今、異を唱える者がいるはずもない。

 当然、背負うものが大きくなれば、重圧は段違いになるだろう。「ジャイアンツの長い歴史の中でもやっぱり18番の重さは感じております」と指揮官も特別視する番号。さらに菅野自身が「残した記録はすごいですし、そういうものを抜けるように」と尊敬し、目標としていた杉内から受け継ぐだけに、思いは特別だろう。だが、指揮官は心配していない。「どういうふうに本人が感じるかだね」。菅野なら、たとえ重圧であっても、さらなる高みへのぼる糧にする。そう信じている。

 最初の大仕事も内定した。第3次原政権の初陣となる19年3月29日の広島戦(マツダ)。そのオープニングピッチャーを菅野に託す。「まだ本人には話はしてないけれども宮本、水野、私の中では決めてます」と原監督。両投手コーチと話し合い、12球団最速で来季開幕投手に指名した。セ3連覇中の王者を相手にしての自身5度目の大役こそ、「背番号18・菅野」の船出にふさわしい。最強打線をねじ伏せ、チームに風を送り込む。(西村 茂展)

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請