松本人志、大塚愛と離婚のSUに「人の不倫に意気揚々としゃべっていた」

松本人志
松本人志

 「ダウンタウン」の松本人志(55)が18日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)に出演し、歌手の大塚愛(36)が「RIP SLYME」のSU(45)と離婚したことに見解を示した。

 2人は楽曲共作をきっかけに出会って2010年6月に結婚し、11年3月に長女(7)が誕生。SUは昨年4月、写真誌で22歳年下のモデルとの不倫が報じられていた。

 大塚は、離婚に至った心境を「幸せな毎日から、耐え難い毎日まで、とても一言では伝えられませんが、子どもとの生活を守るために決断したことです」と吐露した。離婚が成立した20日はSUの誕生日だった。

 今年7月に大塚が配信リリースした「あっかん べ」では「嫌がらせしてくるような あの子はいらない 人生にいらない 真夜中のインターホン お化けじゃあるまいし ある意味お化けだし 白のスカートって」など夫の不倫相手を思わせる歌詞をつづっていた。関係者によると不倫報道後、相手女性の「嫌がらせ」は、大塚が被害届を提出するほどエスカレート。子供にも危険が及ぶことを危惧し、昨年から別居生活を続けていたという。

 SUは不倫報道後、所属事務所から謹慎処分を受け、ツアーなどの出演もキャンセル。不倫の代償は公私にわたって大きく及んだ。グループは先月末で活動休止。今月3日に投稿したSNSでは「我が身を省みて恥入るばかりです 毎日を丁寧に失楽園ベイベーにならぬよう日々精進を重ねて参ります」と音楽活動への影響も含めて全ての責任は自身一人にあるとしていた。

 SUは「ワイドナショー」にも過去2回、コメンテーターで出演していたが、松本は「この番組にもちょいちょい来てもらってね。人の不倫に意気揚々としゃべってた」と指摘した。これにMCの東野幸治(51)が「この記事になってからSUさん、途端に来なくなった」と明かしスタジオは笑いに包まれていた。

 その上で松本は「不倫してて、この番組に出て座っているっていうのはすごい怖いことです」と指摘していた。東野がSUに「また、ワイドナショーにも来て頂いて」と明かすと松本は「ギャラ3倍もらっても来ないと思う」と笑わせていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請