長友、1か月ぶり戦列に戻った…肺気胸で離脱からベンチ入り

 肺気胸で戦線を離脱していたトルコ1部ガラタサライの日本代表DF長友佑都が23日、ホームのコンヤスポル戦でベンチ入りした。1―1で引き分けた試合で出番はなかったが、2度の手術を経て約1か月ぶりに戦列に戻り「かなり順調にここまできた」と回復の手応えを語った。

 10月24日の欧州CLシャルケ(ドイツ)戦でボールが体に当たった衝撃で肺を痛め、息苦しさも感じて途中交代した。試合後にチームドクターの指示で病院へ向かい「あの判断がなければ、家に帰って死んでいたかもしれない」と当時の切迫した状況を明かした。日本代表は年明けにアジア杯を控える。「招集されたらもちろん力になりたいが、まずはコンディションを上げることが先」と話した。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請