【巨人】原監督、中島と相思相愛の同席会見 背番号5「似合う」グータッチも

背番号5のユニホームに袖を通した中島(右)と原監督(カメラ・矢口 亨)
背番号5のユニホームに袖を通した中島(右)と原監督(カメラ・矢口 亨)
入団会見で笑顔を見せる中島(左は原監督)
入団会見で笑顔を見せる中島(左は原監督)

 巨人は22日、オリックスから自由契約になっていた中島宏之内野手(36)の獲得を正式に発表した。球団はこの日、中島と入団交渉を行い、即日合意した。単年契約で、年俸は1億5000万円(推定)。背番号は「5」に決まった。

 契約締結後、東京ドーム内で入団会見が行われ、原監督も同席。巨人の背番号「5」のユニホームに袖を通し、原監督とグータッチで記念撮影も行った。

 中島は現在の心境を「すごいうれしいです」。入団の決め手を聞かれ「それはもう原監督の言葉、それだけです。『いい時も悪い時も一緒に助け合って一緒に戦おう。一緒のタイミングで入団して一発やってやろう』と。そういう思いを伝えてもらったので。それだけで決めました」と話した。

 原監督のイメージを聞かれると「常に気にかけていただいていて、対戦相手だった時でもアドバイスを頂いたりしていたので、今日お会いしたときもすごくうれしく感じました」と笑顔で明かした。

 09年WBCで監督、選手として一緒に戦って世界一に輝いた原監督。当時、中島に「2番」の打順を任せた。この日は中島獲得について「非常に私の中でも吉報でございました。私と中島選手、いつもはナカジと言っているんですけど、西武時代から、そしてWBCで選手監督という中で、なぜかこう、人懐っこいというかね。みたびジャイアンツの監督という命が下り、チームの状況をしっかりと考えるようになりました。そんな中、自由契約という形になってですね、真っ先に彼に自分の気持ちを伝えました。同じチームの一員になったということには大変満足しています」と中島への“愛”を口にした。

 背番号「5」について原監督が、「非常に5番が似合うと思いました。彼にもその話はしました。彼も快く分かりましたと。たぶん気に入ったのではないかなと」と話すと、横に座っていた中島も笑顔がはじけた。

 中島は兵庫・伊丹北高から2000年ドラフト5位で西武に入団。最高出塁率2回、最多安打1回を獲得するなど中心選手として活躍し、13年から2年間は米球界でプレーした。15年からオリックスに入団して日本球界に復帰し、今季は77試合、打率2割8分9厘、5本塁打、34打点という成績をマーク。巨人でも勝負強い打撃が期待される。

背番号5のユニホームに袖を通した中島(右)と原監督(カメラ・矢口 亨)
入団会見で笑顔を見せる中島(左は原監督)
すべての写真を見る 2枚

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請