【巨人】メジャー今季20発スラッガー、ビヤヌエバの獲得を発表

エンゼルスとのオープン戦で本塁打を放つパドレスのクリスチャン・ビヤヌエバ(2月27日、カメラ・泉 貫太)
エンゼルスとのオープン戦で本塁打を放つパドレスのクリスチャン・ビヤヌエバ(2月27日、カメラ・泉 貫太)

 巨人は、来季の新外国人選手として米メジャー、パドレスのクリスチャン・ビヤヌエバ内野手(27)と契約が合意したと21日、発表した。1年契約で契約金を含む総額200万ドル(約2億2500万円)で合意。背番号は「33」に内定。来年1月下旬に来日する予定だ。

 巨人を通じ「伝統ある読売巨人軍と契約できることを大変光栄に思います。日本に行ったことはありませんが、日本人選手はとても練習熱心で規律正しいイメージがあります。東京ドームの大観衆の前でプレーすることを楽しみにしています。新たな環境で新しいチームメートと一緒に戦い、リーグ優勝、日本一に貢献できるよう全力を尽くします」とコメントを発表した。

 メキシコ出身で右打ちのビヤヌエバは昨季、パ軍でメジャーデビューを果たした。今季は110試合で打率2割3分6厘、20本塁打、46打点の成績を残した強打者。特に4月は打率3割2分1厘、8本塁打、19打点と実力を発揮し、エンゼルスの大谷と共にナ・リーグの月間最優秀新人を獲得していた。一塁と三塁を守れる上に、まだ27歳と若く、これからの成長も見込める有望株だ。今季はDバックスの平野佳寿投手と対戦し2打数1安打1打点。ドジャースの前田健太投手とも対戦し、5打数1安打1四球2三振だった。

 メジャーでの対右投手は、通算で257打数51安打、打率1割9分8厘、8本塁打で25打点。対左投手は126打数43安打、打率3割4分1厘、16本塁打、28打点だった。メジャーで105試合に三塁として出場したが、遊撃で4試合、一塁で3試合、二塁で2試合に出場した経験を持つ。

 巨人は今季、正三塁手を務めていたマギーの退団が決定。打線の軸となる長距離砲を探していた。来季は残留の決まっているゲレーロとビヤヌエバの大砲コンビが売りの1つになりそうだ。

 ◇クリスチャン・ビヤヌエバ(Christian Villanueva)1991年6月19日、メキシコ生まれ。27歳。2008年にレンジャーズと契約し、マイナーリーグで力を付けた。12年にカブスに移籍後も傘下マイナー暮らしが続き、16年にパドレスに移籍。17年9月18日のDバックス戦でメジャーデビュー。その年は12試合に出場。32打数11安打の打率3割4分4厘、4本塁打7打点を記録。今季は110試合で351打数83安打、打率2割3分6厘、20本塁打、46打点をマークした。180センチ、95キロ。右投右打。

巨人

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請