出川哲朗「ただのくそガキ」怒り収まらない、岡田結実の過去暴露

出川哲朗
出川哲朗

 タレントの出川哲朗(54)が、20日に放送された日本テレビ系「踊る!さんま御殿」(火曜・後7時56分)に出演。ゲストで共演した岡田結実(18)について「デリカシーのかけらも無い、ただのくそガキ」と非難した。

 この日は「この人デリカシーないなと思った時」をテーマに、出演者がそれぞれの体験を告白。他局の番組で子供のころの岡田と共演し“被害”に遭ったという出川は、「今は、かわいいおしゃれなイメージですが」と、いたずら好きの少女・岡田の過去を暴露した。

 岡田はいつも、出川が楽屋にいない時に勝手に入り、置いてあったスポーツ紙のエロ面を広げた状態で扉を開け出て行ったという。「そうすると分かります?俺が楽屋にいないとき、その日の番組ゲストの女性タレントとかがあいさつしにくると、エッチな新聞が広げてあって『出川、気持ち悪い』って帰ってくるんですよ」と訴え。「何度もやめろと言ったのに何度もやる。くそガキなんです」と、明石家さんま(63)らに同情を求めた。

 「本当に見ていると思ったんです。そのページを」と言い訳する岡田に、「いや、見ているけど…パラパラで、あとは(好きな)野球」と否定はしなかった出川。「毎週会うたびにそのスポーツ新聞を持っていて、そのページが必ずあるので、ここだけ集めている方なんだと思った。こちらは親切心です」と振り返る岡田の言葉に、スタジオは爆笑。「確信犯です」と出川の怒りは収まらなかった。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請