富山東、21世紀枠で選出 秋の県4強が評価

表彰状を受け取る富山東の平沢主将
表彰状を受け取る富山東の平沢主将

 センバツ高校野球21世紀枠の富山県推薦校に富山東が選ばれ、表彰式が16日、同校で行われた。県下有数の進学校で、春夏の県大会は8強、秋は4強入りしたことを評価された。表彰を受けた平沢遼斗主将(2年)は「21世紀枠にふさわしいチームになれるように、来春、夏は甲子園を目指したい」と気持ちを新たにした。

 1週間の目標勉強時間は20時間。「時間がない中、両立は大変だが、頑張ることによって、(勉強と野球の)両方が良い方向に向かう」と平沢主将は意気込む。21世紀枠の北信越地区候補校は12月14日に発表され、センバツ出場校は来年1月25日に決定する。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請