ショーンK、経歴詐称疑惑騒動以来2年半ぶり公の場「微力ながら司会を担当させていただきます」

久しぶりに公の場に登場したショーンK
久しぶりに公の場に登場したショーンK

 2016年3月に経歴詐称疑惑を報じられた経営コンサルタントの「ショーンK」ことショーン・マクアードル川上氏(50)が16日、都内で行われた「アートオリンピア2019」開催発表会に出席。騒動から約2年半、初めて公の場に姿を見せた。

 黒縁眼鏡にグレーのスーツ姿で登場。独特な低音ボイスの落ち着いた語り口で「本日はお集まりいただきまして、ありがとうございます。アートオリンピア関係者様とのつながりで支援の機会をいただきまして、大役を仰せつかりました。微力ながら担当させていただきます、ショーンKです」とあいさつ。冒頭で騒動に触れず、伏し目がちに司会を進行した。口元に蓄えたひげにモデルのような端正なルックスは健在だった。

 川上氏は、「ショーンK」の愛称でラジオのDJとして活躍し、テレビ朝日系「報道ステーション」のコメンテーターなどで活躍。だが16年3月、週刊文春の報道で経歴詐称疑惑が発覚した。同氏のサイトでハーバード・ビジネス・スクールで経営学修士号(MBA)を取得などと記述していたが、事実でないことが判明した。

 翌月にスタートしたフジテレビ系新情報番組「ユアタイム~あなたの時間~」のメインキャスターに決まっていたが、出演を自粛し、他局のレギュラー番組も降板。自身がナビゲーターを務めるラジオ番組で「すべての原因はこの私にあります」と経歴詐称を認め、謝罪した。

 今年7月からTOKYO MX「ザ・ビジョナリー~異才の花押」でナビゲーターを担当している。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請