スーパー銭湯アイドル・純烈、初紅白!小田井、妻LiLiCoの“乱入”拒否!

ノリノリでポーズする純烈の(左から)友井雄亮、白川裕二郎、後上翔太、酒井一圭、小田井涼平
ノリノリでポーズする純烈の(左から)友井雄亮、白川裕二郎、後上翔太、酒井一圭、小田井涼平

 大みそかの「第69回NHK紅白歌合戦」(後7時15分)の出場歌手43組(特別企画1組含む)が14日、東京・渋谷の同局で発表された。初出場組から、男性6人組・Suchmosを除く5組が会見。結成11年目の5人組「純烈」は、メンバーの小田井涼平(47)が妻でタレント・LiLiCo(47)がもくろむ“本番乱入プラン”を話題に爆笑を誘った。

 会見の主役をかっさらったのは“マダムのアイドル”こと純烈だった。

 小田井はこの日朝、愛妻にたたき起こされたことを告白。出場内定を報じたスポーツ報知の記事を見て「パパ~パパ~、紅白!と叫んでいた」といい、「起きあがった瞬間に抱擁されました。『パパ、ビックリリコ!』と抱きしめられました(笑い)。本当に喜んでいた」と幸せいっぱいの笑顔を見せた。さらにLiLiCoが「内緒で後ろでバックダンサーで踊る」と“紅白乱入計画”を宣言していたと明かしたが、「全力で阻止したい」とジョーク交じりに爆笑を誘った。

 デビュー9年目。5人のうち4人がスーパー戦隊、仮面ライダー出身という異色グループ。「夢は紅白、親孝行」を合言葉に、全国の健康センターやスーパー銭湯など多い年で年間200以上のステージに立ってきた。「スーパー銭湯アイドル」として地道な活動が実り、今年の勝負曲「プロポーズ」は出荷10万枚を突破。結成11年目で夢切符をつかんだリーダーの酒井一圭(43)は「世のマダム、おばちゃんたちがいなかったら僕たちはとっくに解散していた。たくさんのお父さん、お母さんに報告できるのがうれしい」と感謝した。

 グループ名には「純粋であり、かつ強く正しく節操や分別がある」「志を変えずに最後まで貫く」という意味がある。「平均40歳を超えているんですが、平成最後の紅白で思いっきり青春したい」と酒井。友井雄亮(38)と後上翔太(32)は抱き合って「喜びポーズ」を決めた。本番でもノリノリで主役の座を奪いにいく。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請