【晴山由梨きょうも釣り日和】晴山由梨、保田港で大好きなアジ入れ食い!!

20センチ級のアジを2尾掛けで上げた由梨ちゃん(弥生丸で)
20センチ級のアジを2尾掛けで上げた由梨ちゃん(弥生丸で)
アジを一気に取り込む
アジを一気に取り込む

 釣りガールの晴山由梨が東京湾・保田沖でアジ釣りを楽しんだ。良型のアジを狙って内房・保田港の報知指定・弥生丸から出船した。30センチ級のアジが連発かと思われたが、この日に釣れるのは20センチ級ばかり。ところがマダイやホウボウといった高級魚が交じり、沖上がり直前にはアジが小型ながらも入れ食いに。これには由梨ちゃんもニコニコ顔だった。

 アジは私の大好物★ お刺し身になめろう、たたき、フライ、塩焼き。どんな料理にしても本当においしいですよね。アジは「味がいいから“アジ”」っていうのだとか。最近知りました。保田沖では30センチ級が釣れると聞いて、早速行ってきました。

 この秋一番の冷え込みと言われた取材当日。この寒さがアジにどう影響するのかちょっと心配。保田港を出てわずか10分程でポイントに到着しました。港がすぐ目の前に見える近場からスタートです。「水深25メートル。底から5メートル上げて待っていて下さい」と網代竜弥船長のアナウンス。コマセをまきながら、底から5メートルのタナでアタリを待ちます。

 しかし、この日のアジはご機嫌ななめ。魚群探知機にはしっかり反応があるようなのですが、なかなか釣れてくれません。そんな沈滞ムードを破ったのは、アジではなく、なんとマダイでした。0・5キロほどの食べ頃サイズ。これはうれしいゲストです。

 浅場はアジの食いが渋いということで、網代船長は大きくポイントを移動させました。次は水深80メートル前後の先程より少し深場のポイント。良型が狙える場所です。ここでもコマセをまき、底から5メートル上げたところで待っていると、突然竿先が大きく震え始めました。「おっ! ついに30センチ級のお出ましか!?」とリールを巻いてくると、見えてきたのは赤色の魚体。なんとホウボウでした。ゲストの豊富さにびっくり。時にはワラサやヒラメも釣れるんだとか。

 本命のアジもこのままでは終わりません。ラスト1時間、網代船長はまた浅場のポイントに戻ってきました。すると朝の静けさがウソのように突然アジが釣れ出したんです。20センチ前後の南蛮漬け向きの可愛らしいサイズですが、面白いほどに釣れます。最初のアタリで巻き上げず、少し待つと2尾掛けの連発。あっという間に夕飯分のアジを確保できました。本命のアジに、マダイにホウボウ、まあ結果オーライです。次は30センチ級釣るぞー!(タレント)

 ◆晴山 由梨(はれやま・ゆり) 鳥取市生まれ。広島大学教育学部卒。2013年のフィッシングショーで4代目アングラーズアイドルに選ばれた。「11月25日に東京・あきる野市で行われるトラウトフェスタ2018に参加します。イベント出演などはブログでお知らせしています。チェックしてみてください」

 ◆めも アジ釣りの近況、乗合船は保田港弥生丸(TEL0470・55・0747)。乗合船は午前6時30分出船。料金は餌、氷付きで9000円。希望で午後1時30分出船の乗合船もある。

 このほか以下の船宿でも乗合船を出す。

 羽田伝寿丸(TEL03・3744・5266)

 金沢八景弁天屋(TEL045・701・9061)

 走水港関義丸(TEL046・841・7154)

 片瀬港島きち丸(TEL0466・25・9642)

 茅ケ崎港ちがさき丸(TEL0467・86・1157)

 リレー船では、勝浦港勝丸(TEL0470・73・0483)が狙う。

20センチ級のアジを2尾掛けで上げた由梨ちゃん(弥生丸で)
アジを一気に取り込む
すべての写真を見る 2枚

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請