キンプリ、あいみょん、Suchmos、純烈が紅白初出場!

紅白歌合戦初出場の純烈
紅白歌合戦初出場の純烈
紅白歌合戦初出場を決めた歌手たち
紅白歌合戦初出場を決めた歌手たち

 大みそかの「第69回NHK紅白歌合戦」(後7時15分)の出場歌手が14日、東京・渋谷の同局で発表され、初出場歌手らが記者会見した。

 5月にジャニーズ事務所4年ぶりのCDデビューを飾り、デビュー曲「シンデレラガール」は約70万枚のヒットを記録した6人組グループ「King&Prince」、同局サッカーテーマ曲を歌った男性6人組バンド「Suchmos(サチモス)」、女性シンガー・ソングライターあいみょん(23)、5人組歌謡コーラスグループ・純烈が初出場を決めた。

 また、復活組として、「U.S.A」がヒット中の「DA PUMP」、今月活動を再開した「いきものがかり」、3年ぶり3回目のMISIA、7年ぶり3回目の松任谷由実らの出場も発表された。

 キンプリは、デビュー曲「シンデレラガール」が約70万枚のヒット。先月発売の2ndシングル「Memorial」も、先輩・KAT―TUN以来となる12年3か月ぶり史上2組目のデビューシングルから2作連続の初週40万枚超え(オリコン調べ)を達成。堂々、初出場切符をつかんだ。

 グループは、レコード会社大手「ユニバーサルミュージック」とジャニーズが合同設立した新レーベル「Johnnys’ Universe」の第1弾アーティストしてデビューした。1月の発表会見では、永瀬廉(19)が「日本で活躍して、いずれは世界で」と掲げた。壮大な夢へのステップとなる晴れ舞台へと臨む。

 同事務所では近年、14年に20周年のV6が初出場、15年は35周年の近藤真彦(54)が19年ぶりに、16年は20周年のKinKi Kidsが、昨年は10周年のHey!Say!JUMPが初出場。毎年のように新鮮な顔ぶれがラインアップされていたが、ジャニーズ勢でデビュー年の紅白出場は、09年「NYC boys」以来だ。

紅白歌合戦初出場の純烈
紅白歌合戦初出場を決めた歌手たち
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請