立正大・小郷“決勝”犠飛!「狙って」2打点

立正大の小郷は1回、先制の右犠飛を放った
立正大の小郷は1回、先制の右犠飛を放った

◆明治神宮野球大会第5日 ▽大学の部・準決勝 立正大12―1関西国際大=6回コールド=(13日、神宮)

 楽天7位指名の立正大(東都)・小郷裕哉(4年)=関西=が大学の部準決勝の関西国際大(関西5連盟第2・阪神大学)戦に、3番・右翼で先発出場。初回の先制右犠飛など2打数1安打2打点で、12―1の6回コールド勝ちに貢献した。東日本国際大(東北3連盟・南東北)は12日の準々決勝で、近大(関西5連盟第1・関西学生)に0―1で惜敗。2番手で登板した佐々木大輔投手(2年)=山村学園=が2回1/3を1安打無失点と力投し、来年以降、エースとしてチームを引っ張ると誓った。

 3番打者の役割を果たした。立正大・小郷が初回無死一、三塁で右犠飛を放ち先制すると、3回無死二塁では左中間を破る適時二塁打。チームは13安打12得点と打線がつながり、関西国際大をコールド撃破だ。

 「初回に点を取りたかったので(犠飛を)しっかり狙っていった」と小郷が振り返った。実は無死一、二塁で迎えたこの打席、2球目にバントを空振りしたが、捕手の二塁送球間に二塁走者が三盗に成功。「ミスしてやばいなと思ったけど、(味方が)カバーしてくれた」と苦笑いの小郷だが、その後打点につなげたのは“成長”だ。

 昨年まで好調時は手がつけられないが、ミスや不調時を引きずる傾向があり、「波が激しかった。切り替えを早くするのが今年の課題だった」(小郷)。仲間とベンチで声を出したり、一塁へ全力疾走したりと、当たり前のことを常に全力でやり、流れを変えてきた。毎日のように試合が続くプロ野球では、素早い切り替えはプラスに働くはずだ。

 14日の決勝は環太平洋大(中国・四国3連盟、中国地区大学)と対戦する。「(坂田精二郎)監督の野球が一番ということを全国に証明したい」と意気込む小郷が、日本一を手みやげにプロの世界へ飛び込む。(有吉 広紀)

 ◆小郷 裕哉(おごう・ゆうや)1996年8月3日、岡山・倉敷市生まれ。22歳。小1で野球を始める。庄中ではファイターズ岡山に所属し、3年時に全国大会出場。関西では2年春、3年夏に甲子園出場。立正大では2年春からベンチ入り、3、4年秋にベストナイン。176センチ、84キロ。右投左打。家族は両親と姉、東海大2年で大学日本代表の弟・賢人投手。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請