【楽天】育成ドラ2則本弟、契約合意「兄は超えるべき目標だと思っている」

契約交渉終了後にユニホームを着て、笑顔で投球フォームを披露する則本佳樹
契約交渉終了後にユニホームを着て、笑顔で投球フォームを披露する則本佳樹

 楽天から育成ドラフト2位で指名された、社会人野球のクラブチーム、山岸ロジスターズの則本佳樹投手(24)が13日、静岡・島田市内で支度金200万円、年俸250万円で契約合意した。

 楽天の則本昂大投手(27)を兄に持つ佳樹。これまで兄が着ている姿を見続けてきた楽天のユニホームに初めて袖を通し「まさか楽天のユニホームに袖を通すとは思ってもいなかった。すごくうれしいことなので、これから期待に応えられるように頑張って行きたい」と満面の笑顔を見せた。

 則本は言わずと知れた楽天、日本を代表するエース右腕。これからはチームメートとしてしのぎを削ることになる。6年間で75勝している兄に「兄は超えるべき目標だと思っているので、肩を並べて投げられる選手になりたい」と宣戦布告すると、「(兄と比べられる)プレッシャーは当然あるけど、比べられて当然ですし、そのプレッシャーが僕のエネルギーになると思っているので、それをバネにやっていきたいと思います」と力強く言い切った。

 担当した山田スカウトも「タイプ的には兄とは逆でパワーと言うよりは、変化球のキレとストレートの質で勝負するタイプ。150キロでなくても、140キロ前後で打者が空振りやファウルになる質、キレや伸びのあるボールを目指して欲しい」と期待を寄せていた。

 ◆則本 佳樹(のりもと・よしき)1994年5月14日、滋賀県生まれ。24歳。大滝小3年の時、多賀少年野球クラブで野球を始めた。北大津高3年夏に甲子園出場も先発した1回戦の滝川二戦で9回途中5失点(自責2)で敗退。近大では右肘手術などの影響で、登板はわずか1試合。昨年、山岸ロジスターズに入団。最速は145キロ。174センチ、76キロ。血液型A。右投左打。家族は両親と兄2人。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請