広陵が創志学園にコールド勝ちでセンバツ当確 最速148キロ右腕の河野が西に投げ勝つ

◆秋季中国大会 ▽準決勝 広陵7―0創志学園=8回コールド=(3日・倉敷マスカットスタジアム)

 第91回センバツ高校野球大会(来年3月23日から12日間・甲子園)の出場校を決める重要な参考資料となる秋季中国大会で、広陵(広島1位)が創志学園(岡山3位)に8回コールド勝ちし、6年ぶりのセンバツ出場が当確となった。

 最速148キロ右腕の河野佳(2年)が8回を4安打無失点に抑え、来秋ドラフト上位候補で創志学園の西純矢投手(2年)に投げ勝った。2回に先制の左前適時打を放つなど、2安打1打点で投打に活躍した。

 河野は「(西は)甲子園でも投げていた投手なので自信になった。これに満足せず、一戦必勝で(明治)神宮(大会)を狙って優勝したい」と、米子東(鳥取2位)との決勝戦に向けて気を引き締めた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請