なでしこU―17代表の楠瀬監督辞任 協会の女性職員への「不適切な身体的接触」で

辞任した楠瀬前監督
辞任した楠瀬前監督

 日本サッカー協会は1日、都内のJFAハウスで会見し、U―17女子代表(なでしこジャパン)の楠瀬直木監督(54)から10月31日付で辞任の申し出を受け、受理したと発表した。今後は、U―18日本女子代表の池田太監督が代行としてチームを率いる。楠瀬前監督から昨年6月、今年9月に不適切な身体的接触を受けたという日本協会の女性職員から報告を受け、協会は両者から事情を聴取。楠瀬監督は接触行為を認め、協会も弁護士を含む外部の専門家に相談した上で、「高い倫理観と規律が求められる」(田嶋会長)ことから、継続的な指揮は不可能と判断した。

 聴取した協会によると、昨年6月、楠瀬監督は出張の業務中に「おつかされさん」の意味をこめて、女性職員にハグしたという。今年9月の接触については、女性職員の特定を防ぐ目的で公表しなかったが、須原清貴専務理事は「相談した弁護士の意見としてはセクハラと断じることはできません。不適切な接触です」と説明した。

 同代表はU―17W杯(11月13日~12月1日・ウルグアイ)に備え、チームは今日1日から福島県のJヴィレッジで合宿を開始している。1次リーグでは13日にブラジル、16日に南アフリカ、20日にメキシコと対戦予定。10月25日にメンバー発表会見に臨んだ楠瀬前監督は「約380人をリストアップした中で、選考を重ねて選びました。コンディション、人間力が高く、将来性の高い選手を選びました。選ばれなかった選手のためにも良い戦いをしたい」と意気込んでいたところだった。

 楠瀬前監督は協会に「ご迷惑をおかけして、大変申し訳ありません」と話しているという。田嶋会長は「取り組みへの認識がたりなかったことを猛省しなければいけません。コンプライアンスの強化に努めていきます」と話した。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請