岡崎慎司「信じられません」レスターオーナー搭乗ヘリ墜落死 

レスターのオーナー・スリバッダナプラバ氏の死を悼んでスタジアムの入場口付近に献花がささげられた(ロイタ-)
レスターのオーナー・スリバッダナプラバ氏の死を悼んでスタジアムの入場口付近に献花がささげられた(ロイタ-)

 【ロンドン(英国)29日=森昌利】イングランド・プレミアリーグでFW岡崎慎司が所属するレスターは28日、本拠地付近でヘリコプターが27日に墜落した事故で、タイ人オーナーのウィチャイ・スリバッダナプラバ氏(61)ら5人の死亡を確認したと発表した。岡崎はツイッターに「信じられません」とつづり、30日に開催予定だったリーグカップの 名物オーナーの突然の訃報を受け、レスターは悲しみに包まれた。スタジアムの入り口付近は献花で青く染まった。岡崎は自身のツイッターに「信じられません。レスターというチームにとっても、僕にとっても尊敬出来る存在でした。本当に感謝しています」とつづった。

 27日のウェストハム戦後後、スリバッダナプラバ氏はいつも通り、自らが所有する青いヘリコプターに搭乗した。しかしピッチから離陸した数秒後、コントロールを失って旋回し、競技場の外に墜落して炎上。一夜明けた28日、クラブ側は同オーナーの死亡が確認されたと発表した。

 タイの免税店「キングパワー」の経営者だった同氏は、当時2部で浦和からMF阿部勇樹が加入した2010年からオーナーを務めて積極的に投資。15年には岡崎を獲得した。15~16年シーズンに「世紀の番狂わせ」と呼ばれるリーグ初優勝の快挙を遂げるチームを築いた。

 優勝後は特別ボーナスとして、総額で約200万ポンド(当時のレートで約2億7000万円)をかけ、1台約1400万円もの高級車・BMWを選手19人にプレゼント。欧州CLでは本拠地から敵地への無料バスも用意するなど、サポーターにも愛された。

 クラブは公式サイトに「素晴らしい人間を失った。レスターは彼のリーダーシップの下で一つの家族だった」との声明を発表した。30日に開催予定だったリーグカップのサウサンプトン戦は延期に。同日はスタジアム内で追悼集会を行い、突然すぎる別れを惜しむ。

 ◆サッカー界の主な飛行機事故

 ▽トリノ(イタリア・セリエA) 1949年5月、遠征帰りのチャーター機がトリノ市郊外のスペルガの丘に墜落。代表10人を擁しリーグ4連覇中だったが、乗員を含む31人全員が死亡。

 ▽マンチェスターU(イングランド・プレミアリーグ) 58年2月、敵地ベオグラードでの欧州チャンピオンズ杯・準々決勝(大会名は当時)を制した帰りに、給油地のドイツで吹雪に見舞われ、離陸に失敗。選手8人や役員ら23人が死亡した。生存者にはイングランド代表の伝説的名選手、ボビー・チャールトンがいる。

 ▽シャペコエンセ(ブラジル1部) 2016年11月、コロンビア中部のメデジン近郊で選手ら81人が乗ったチャーター機が墜落。現地メディアによると、選手ら71人が死亡した。コパ・スダメリカーナ決勝第1戦に向かう途中だった。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請