八尾河内、劇的逆転勝利で決勝進出を決める!…第48回日本少年野球関西秋季大会

延長8回、大嶋がランニング満塁弾を放ち歓喜の八尾河内ナイン
延長8回、大嶋がランニング満塁弾を放ち歓喜の八尾河内ナイン

◆第48回日本少年野球関西秋季大会 ◇小学生の部▽準決勝 大淀ボーイズ(大阪北)3―7八尾河内ボーイズ(大阪中央)=タイブレーク=(28日・住之江球場ほか)

 小学生の部で、八尾河内ボーイズがタイブレークの末、決勝進出を決定。決勝は11月3日、大阪シティ信用金庫スタジアムで行われる。

 八尾河内が劇的な逆転勝利で、決勝進出を決めた。タイブレークとなった延長8回、先頭の目黒が左前適時打で勝ち越すと、3番・大嶋主将は「4番が打つのでゲッツーにはならないように」と放った打球は左翼線へ。勝利を決定づけるランニング満塁弾を放った。

 先発としても6回1失点の力投。今月初旬に左人さし指を負傷し、久々の登板となったが「痛みはなかった」という。打撃でも0―1の6回2死から安打で出塁。土壇場で追いつく粘りを見せた。

 3年ぶりの決勝進出に「ここまでくるとは思わなかった」と柳谷監督。捕手で4番の弘田も「(大嶋は)いつも以上に球が走っていた。ここまできたら最後は勝って、笑って終わりたい」と頂点を見据えた。

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請